読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

「大丈夫?」って思ったより答えに困る。

仕事のこと 適応障害のこと

結構今日はだいぶ気分良かったんですが、夕方に放置してたスマホを見たら、人事から不在着信に気づきまして。

 

とうとう来ちゃったか―、と心臓がどきどきしました。

診断書送ってから自分から電話も入れてなかったので余計に怖くなりました。

何とか自分を落ち着かせてから、かけなおしました。

 

最初は普通に話せているつもりだったんですが、だんだんぼーっとしてきて、人事の言葉が聞こえにくくなり、返事がおぼつかなくなりました。呼吸もしんどくて。

 

とりあえず、今後の手続きのメモはなんとかとって「迷惑かけてすいません」と謝りました。

 

その時、人事の方に「体調は大丈夫?」って聞かれたんですね。

普通ですよね。現状確認、当たり前だと思います。

でも、その言葉に妙にずーんときてすぐには答えられませんでした。

たぶん無難に「徐々に良くなっています」とか「すみませんが、まだかかりそうです」と言えば良かったんです。

 

長い沈黙の後、

「外に出て誰かと会うのはめまいがします」

そう答えてました。

 

あー。馬鹿正直に言ってしまった、と凹みました。

社会人、それも営業職としてあるまじき答え。

ありえない。ありえない。ありえない・・・

 

人事は「ゆっくり治して」とか「気長に」とか言ってくれますが、ネガティブな心では全部ぜんぶ建前に聞こえるんですね。

勝手にめんどくさくて使えない奴は早く辞めないかなって思ってるんだろうな、とか想像しちゃうんですよね。

 

答えた後は、涙が出て声が震えないようにこらえて、「失礼します」と言って切りました。

 

1時間くらいその場から動けずに、ぼーっとしてました。

 

その後、自分を甘やかそうとなぜか思い立ち、さらに1時間くらいかけて何がしたいか考えて、近所のコンビニへ行ってちょっとでも気になった商品を何も考えずにカゴに放り込んで購入して帰りました。

 

今日はお月様と星がきれいでした。

 

昨日は何も欲しくなかったので、少しはそういう気持ちが持てて良かったです。

 

親に言うべき事項もあるのですが、今日は体力使い果たしたので、来週くらいに言おうかな。