読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

不幸の安心感

私のこと

今日は友達の誕生日パーティーに行きました。

 

昨日から行けるか不安でしたが、何とかプレゼントも渡して楽しい時間を過ごせました。

 

20代前半女子が集まると何を話していても最終的に仕事と恋愛の話になります。

 

恋愛はしたい。

でも相手がいない。

恋活や婚活に出てみても、体目当ての男にゲンナリしてもういいやってなる。

仕事も今のままでいいのか不安。

転職か現状維持か迷っている。

 

みんな迷いの中で生きてるんだなと思うと仄暗い安心感を抱いてしまいます。

 

でも、この中で誰か幸せになる人が出てきたら?

 

私は大手を振って心から喜べるのでしょうか。

 

そんなことを考えてしまいました。

 

友達は大好きです。

かけがえのない存在だと思います。

 

ただそれとは別に、誰かが幸せになった時、寂しさや嫉妬を覚えてしまいそうな自分が嫌です。

 

人と不幸を共有して安心感を得るのは、健全じゃないのかもしれません。

 

みんなが幸せになれたら1番いいのですが。

 

まだ美味しいご飯を食べながら苦しみを共有していたいなと不健全に思ってしまいました。