読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

「5年後の自分へ」お手紙を書きました。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

 暗い記事のまま今日を終わりたくないなと、はてなブログを眺めていたら、そういえばコレ書きたいなと思っていて忘れていたことを思い出しました。

今日までみたいです。ちょうど良かった。

 

「5年後の自分へ」ですか。

想像はあまりできませんが、30代前後ですね。

東京オリンピックは終わっているすでにタイミングですね。

 

とりあえず、生きていますか?

生きていてください。

きっと周りを気にする性格は治らないと思うのですが、ただ生きてください。

 

私にとって今年は、やたらと変化のある1年でした。

 

転勤をして、一人暮らしをして、救急車で運ばれて、病気になって。

またまた、追加で病気になって。

おまけにその病気は食べることができなくなる病気かもしれない、と。

 

はじめてのことがたくさんで、困りましたね。

 

でも、嫌なことばかりかといえば違いました。

 

After the Rain のライブで顔が見えるレベルの近さで堪能できたこと。

実家のご飯が世界で一番美味しいと再確認できたこと。

友達が自分が想像していたよりもとても心配をしてくれて、励ましてくれたこと。

休職して世界に1人ぼっちになった気がしたけど、ブログを始めたら世界はとても広くて優しかったこと。

日常でうだうだと生きれることが、どんなに幸せかということ。

 

多分、5年後も私は悩んでいるでしょう。

それは病気のことかもしれないし、仕事かもしれない。

恋愛や結婚、もしかしたら子供のことかもしれない。

 

毎日、つらくて、もういやだとなってるかもしれないけど。

生きましょう。とりあえず、もう少しだけでも。

 

苦しみを根底から覆せるのは自分だけですが、それを支えてくれる人や軽くする方法を知っている人は、自分が想像しているよりも、たくさんたくさんいるのです。

 

だから、弱音吐いてでも、時間の流れを見守りましょう。

 

今の私からは、こうなっていて欲しいというのは特に無いです。

不必要に誰かを傷つけないように、穏やかに生きてさえいてくれれば。

 

絶対大丈夫。

今どんな状態でも

どんなに嫌でも

絶対どうにかなる。

 

この言葉は、小学校から高校くらいまで書き続けた日記帳の一番最後のページに、書いていた言葉ですね。

確か中学くらいに、未来の自分へ宛てて書いてましたね。

 

日記帳を久しぶりに見て、恥ずかしい気持ちもありながら、勇気づけられた自分がいました。

 

この「5年後の自分へ」の記事も、悶絶しながら、若かったなと笑いながら読んでくれることを願います。

 

以上。