読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

今さらながらミクチャを見て、日本の未来が少し楽しみになった。

私のこと

ミクチャ(ミックスチャンネル)ってご存じですか?

mixiじゃなくて、ミクチャ。

私は昨日の夜、知りました。情報取得が遅すぎですね。

ミクチャの正式名称は「Mixchannel(ミックスチャンネル)」。10秒前後の短い動画を撮影・編集して、コミュニティに投稿できる動画アプリケーションです。
アメリカを皮切りに、世界中で大成功を収めるSNSソーシャル・ネットワーク・サービス)のTwitter社が提供する6秒動画アプリ「Vine(ヴァイン)」の日本版のようなもので、撮影・投稿の手軽さもさることながら「コラージュ(合成/「デコる」とも)」に重点を置いたサービス内容が好評の秘訣といわれています。

https://u17.shingaku.mynavi.jp/article/4095/

 

 

サイトを見ていると、普通の学生が踊ったり、歌ったり、メイクの解説動画とか発信していました。

mixch.tv

 

ニコニコ動画YouTubeよりも、もっと気軽で、ラフな感じの場所でした。

 

なんか、みんな可愛いなー、楽しそうだなーっとカチカチといろんな動画を見て遊んでました。

学校の教室や廊下で撮影したような動画を上げていたり、私は全然知らないけど多分中高生の中では、有名で人気のカリスマ投稿者がいたり。

 

プレゼントボックスって知ってました?

手紙をハート形に折れてただけで、喜んでた私とは格が違う…。

こういうのを作って誕生日とかに友人にあげているみたいですね。

 

 Instagram

http://huuug.com/articles/RqmFBv2G

  

do-ra.org

 

私の中高生時代は、ネットはもうある程度は普及していたけど、顔出しなんてしたら、怖いことが起こからやめなさいよとされていた時代だったと思います。(顔出ししていた人も一定数いたと思うけど)

 

内輪向きのコミュニティサービスがヒットしてた時代だったと思う。

mixiとかTwitterとかFacebookとか。

学校内かその近くの地域の人と交流するくらいが、一般的な利用者としては普通だったように思うけど、いまは全然変わったんんだなーとしみじみ思いました。

 

mixiでは鍵付きの日記で恋愛の愚痴を書いて、そのパスワードがなぜかクラスでバレれて、好きな人に見られてどうしようみたいな悩みが日常茶飯事だったり。

部活内でブログを作ってそこで、部内メンバーのプロフィールとか、「各メンバーのいいところ」みたいなお題で日記を書いたり。

そういう内輪に情報を共有することで遊んでいたなーっていうのを思い出しました。

 

顔出し=怖いことみたいな価値観も、いまはあまり無いのかな。

 

内輪の情報の共有というより、知らない人にも情報を発信する側になること自体がいまの遊びになっているんだなと思ってとっても楽しく見てました。

 

新しいネットサービスは色々な事件があると、悪者にされがちなことがあるのですが、私はそれは違うなって思います。

利用者も積極的にサービスの正しい使い方を考えるしかないのだと思います。

 

ネットサービスの会社に、色んなことを一方的に「規制しろ」「規制しろ」というのは、違うのではないでしょうか。

もちろん安全対策を、会社側がとるのは最低限必要で大切なことです。

ただ、刃物も、うまく使えば料理も作れますし、人も殺せます。

薬も、人を助けることも、殺すこともできます。

「物」がどうこうではなく、「使い方」を模索していくのが、利用者側にはもっともっと必要になってくるのではないかな、と思う次第です。

 

ミクチャは、1分ぐらいの動画ですが、音楽入れて文字入れて、撮影場所の背景の壁に布を貼って、キレイに見えるように工夫して編集しているのを見ると、素直にすごいなーと思います。

 

自分の知らない場所で、楽しそうなことを考えてやっている人がたくさんいるって、なんかワクワクするなーと思って、ミクチャを眺めていました。

 

ネットって、とてもとても広いのですが、情報量が膨大であるが故に、自分の興味のある情報しか取らなくなっていっていくのは、少しもったいないよなと思います。

 

私よりもっと上の世代が興味ある話や昔話、下の世代のトレンドをあえて探しに行くと、こんなのあるんだー!って意外な発見があって面白いなって思います。

 

ちなみに、おばあちゃんの恋バナとかも大好きです。

昭和初期のロマンチックな恋のお話とか聞くと、うっとりしてしまいます。

 

もっと、自分の知らないこと知りたいなって思いました。

 

mixch.tv

 

ではでは、以上です。