読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

15分タイムアタックで家事と戦ってみた。

※ふざけました。サッとスクロールしてください※

 

家事って面倒くさくないですか。

私は面倒くさいです。

 

1人暮らしの時は自分のペースで、自分が散らかしたものを、自分のために片づけていたので、特に苦もなかったのですが。

 f:id:hituzidameiko:20161214194724p:plain

 

実家に戻って以来、リビングが散らかっていたり、シンクが山盛りだったり、洗濯機がいっぱいだったりすると、溜息を吐きたくなります。

 

前も話したかと思いますが、父は家事ができていないと機嫌が悪くなります。(自分は率先して母を手伝わない)

弟は頼めばしてくれますが、何かに気づいて率先してやることはしません。

 

母は共働きなので、いまの家事でいっぱいいっぱいだと思います。

 

ということで、最近割と調子が良いので、空いた時間は家事をしています。

 

でも、冒頭に申し上げました通り、基本の家事は「面倒くさい」

 

そこで、私の好きな本を『フランス人は10着しか服を持たない2』開きます。

暮らしを楽しむヒントがたくさんある本です。

 

その中で「タイマーをかけて家事をする」という記述がありました。

「家事=時間がかかる=面倒くさい、という図式になっているかもしれない。でも時間を計ってみると、意外と家事をしている時間は短いもので、それを知れば始める前の苦痛が減る」というようなことが書かれていました。

 

どうせ家事をやらないといけないなら、やってみるか、15分タイマーをかけて家事を戦いました。

 

茶番なので結論だけで良い方、スルーしてください。

 

【ここから茶番】

 

実況は、ひつじ田メイ子がお送りします。

 

ラウンド1 山盛り洗濯物たたみ

レディーGO!

おーっとメイ子選手の目の前にあるのは、山盛りの洗濯物!

ハーフパンツ、下着、Tシャツ。

色々な衣類が絡み合っています。

これは手強い!15分でたたみ終えられるのか!?

父、母、弟、自分とカテゴリーを分けてどんどん山を減らしていきます。

おっと?これはハプニングか?

メイ子選手の靴下は、片方しか見つからない。

焦るメイ子選手!どうなる!

ありました!洗濯カゴの底の方にありました!

カンカンカン!これにて終了です。

 

気になるタイムは...?

10分07秒です!

順調な滑り出し!

次のラウンドにも期待です。

 

ラウンド2 お米とぎ  

レディーGO!

コレはメイ子選手、先制攻撃!

米ぬかを水でやさしくどんどん落としています。

しかし、米選手も負けていません。

米選手は水を捨てるタイミングを利用して、なんとボウルから身投げ!

メイ子選手の動揺を誘います。

メイ子選手、気持ちを落ち着かせ、3合分の水を注ぎます。

炊飯器のスイッチを入れて、フィニッシュ!

 

さて、結果は…?

コレは好タイム!

5分53秒!

最終ラウンドは、どのような試合になるのか⁉

 

最終ラウンド 引っ越し

さぁ。始まりました、最終ラウンド。

1か月以上放置されていた、引っ越し段ボール!

最もメイ子選手にとって、苦手意識のある相手です。

どう戦うのでしょうか!?

おーっと。取り出したのは?

武器です!カッターを取り出しました!

メイ子選手、どんどん段ボールの中身を引きずり出し収納します。

空っぽになった段ボールは逆さまにして、躊躇いなく切り裂き、たたんでいきます。

さすが強敵、段ボール選手。

メイ子選手のたたみ技の力を利用して、反対に指を切り裂いたー。

これは痛い!人差し指がパックリいきました。

メイ子選手、顔を歪め、絆創膏を取りに行きます。

身体的にも、時間的にも、痛いタイムロスです。

最後の段ボールをたたみ終え、終了です。

 

さて、段ボール選手の反撃もありましたが、結果は??

 

出ました!17分3秒!

メイ子選手、タイムオーバーです!!

やはり段ボール選手強かった!

絆創膏を取りに行ったのが、やはり大きなタイムロスでしたね。

 

これにて、15分タイムアタック家事選手権を終了します。

 

【茶番終わり】

 

結論:わりと、悪くないかも。

段ボール選手強い。指切りました。痛い。

まあ、勝負に怪我は付き物ですね。

タイマーをかけて家事をすると、割と楽しいです。

達成感を得られました。

あと、タイマーかけると1つ1つの家事って、自分が思っているより短い時間で終わってるんだなと思いました。

家事の何が嫌って、「やりたくない。でもやらないとな…」いう、暗い気持ちになるのが嫌なんですよね。

私がアホなだけかもしれませんが、テンション上げながら、心の中で実況すると楽しかったです。

 

書いてる途中で、自分の馬鹿さ加減に気づきましたが、まあいいやって感じです。 

はい、終わりです。

 

ではでは。