読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

仮面ライダーフォーゼに出てたあの子は、清水さんって名前だったんだ。

昨日からネットニュースでチラチラと、「女優、清水富美加幸福の科学に出家!」とかいう見出しが出ているのは気づいていました。

清水富美加さんっていう名前を存じ上げ無かったので、「へぇ…」と思ってスルーしていました。

 

今日の朝、ニュースを見て仮面ライダーフォーゼに出ていたあの子だったと知りました。

 

仮面ライダーを観ていて、「すごい明るくて可愛い子だな」と思っていましたが、名前は存じ上げませんでした。

バライティに出演されていた時も明るくと朗らかにお話されていて、好印象はありました。

 

f:id:hituzidameiko:20170214000557p:plain

幸福の科学 清水富美加の引退を否定 教団母体の事務所移籍は「未定」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

本日視聴した2/13(月)放送の「スッキリ」の中で、この清水さんのニュースを取り上げている時に、MC加藤さんが発した言葉にモヤモヤしました。

コメントの内容については、後から触れます。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

ニュースの内容としては。

という内容です。

 

私は宗教については詳しくありませんし、各々信じるものがありそれで救われるのならば良いと思うという程度の考えです。

 

今回気になっているのが、このニュースを調べていると「清水さんは契約を全うせずに辞めるなんて無責任だ」という論調が強いことを知りました。

私は違う意見だったのでビックリしました。

 

私は清水富美加さんは、ご自身が生きるための選択をしたのだと思いました。
だから、この選択は彼女にとっては正しいと思いました。

 

  

報道によると、清水さんは直筆の手紙の中で、

約8年間、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に心が追い付かない部分があり、しっかりとした生活が送れず毎日ギリギリの状態でした。

 と書かれています。

 

たしかに、沢山のお仕事が今後決まっている中で、突然辞めるというのは、社会人としてはいけないことなのだと思います。

 

でも、「死にたい」とまで言っている人を無理やり表舞台に引っ張り出して、果たさなければいけないことは私は無いと思います。

 

社会は我慢している人のおかげで回っていることも、私の目で見えて無いだけで、たくさんあるのだと思います。

周囲のために自分は我慢をしている、もしくは下積みという我慢を重ねて大成した人から見ると、「自分が良ければ良いなんて間違っている」という結論になるのも分かります。

 

しかし、社会では無く、個人として見た時。

この清水さんが、私にとって大切な友人や家族だったなら、世間なんて関係なく、きっと「辞めたいなら辞めればいいよ」という言葉をかけると思う。

世間にどう思われたって、大切な人が苦しむくらいなら、心が休まる場所に行って欲しいと私なら思う。


冒頭のスッキリでの加藤さんの発言の件ですが、彼は清水さんに対し、

キチンと表舞台に出て自分の口から説明責任を果たすべきだ。

ということを述べていました。

 

ただ、加藤さんが単純に悪いと言っているのではありません。
加藤さんもMCという立場上、番組内では多面的な意見を述べるために、コメンテーターの方の意見とは違うことを言ったのかもしれない…という可能性は理解しています。

 

しかし、この提案は酷だと思います。

心が不安定な人を大勢の前に引っ張りだして、問いただすのは辞めてあげてほしい。

 

あと、こういう時に出てくる「説明責任」という言葉も何か変だと思います。

 

政治家が税金を使い込んだなら、国民に対しての説明責任は必要だと思います。

 

でも、芸能人のスキャンダルだとか、事務所とタレントの不仲とかの「説明責任」って誰のためにするのか疑問です。

世間様にしないといけないことなんでしょうか?

 

清水さんに至っては、記者会見は開いていませんが、手紙という形で意思表明をされているので、世間に対しては十分説明責任は果たせていると思います。

 

ただ彼女を起用したスポンサーからすると、多額の損害が出かねない彼女の行動に、非難の声が上がるのは分かります。

 

それでも、私は生きる道を選択した清水さんを否定はできません。 

 

「水着などの仕事がいやで仕方なかったのに、事務所にそういう仕事を入れられた」という(清水さんの)主張についても「年頃の女の子は水着いやがるものなのはわかるけど、いろんな仕事をくぐり抜けて、大きくなって、スターになっていくんだと思うんです」と井上氏は持論を展開。

宮根キャスター、出家の清水富美加に疑問「これはもめます。いろんな方に迷惑かけている」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

色んな仕事をくぐり抜けてスターになる。というのは、スターになった人が苦労話として言うのなら分かります。

「自分は下積みの仕事が大変だった」と。

でも、苦しんでいた他者に対して「だからアナタも芸能人なら我慢すべき」というのはおかしいと思いました。

 

 

何か正しいのかは、分からないですけど、このツイートを読んだら私は悲しくなりました。

 

非難する人のことも分からなくはないけど、私は清水さんのすり減った心が少しずつ戻ってくれたらいいのになと思いました。

 

 おわり。