理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』の感想。当たり前だけど大切で忘れがちなことがたくさん【書評】

どうも、ひつじ田メイ子です。

 

現在、朝5時です。 

最近、休日には謎に早起きしてしまう性質に気づきました。

「お休みだ!」と思うと目が覚めるって子どもみたいですね。

いつもはお布団でずっともぞもぞしているのですが。

 

ずっと書きたかった本について書こうと思います。

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』という本です。

 

汐町コナ著『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』

 

 内容は、タイトルの通りです。

「なぜ人はブラック企業で働き続けてしまうのか」の心理を書いています。

f:id:hituzidameiko:20170603051725p:plain

f:id:hituzidameiko:20170603052003p:plain

昔、その気もないのにうっかり自殺しかけました。|「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)|汐街コナ|cakes(ケイクス)

 

158Pほどで、汐街コナさんの漫画と精神科医のゆうきゆうさんのコラムが載っています。絵がたくさんあるので頭に入ってきやすいと思います。

 

この本を読んで欲しい人

  • 自分は平気だけど周りに「元気?大丈夫?」って言われることが増えた人
  • 辛い労働環境なのに色々考えて会社辞められない人
  • 責任感を感じやすくなんでも自分でやっちゃいがちな人
  • 新社会人・就活生とその家族

 

現状、仕事に不満とかなくて満足している人でも読んでて損は無いと思います。

自分じゃなくても、大切な人がこういう状況に陥ってしまうかもしれないということを理解するためには分かりやすい本です。

 

「逃げる」ことは簡単なことじゃないんだ

f:id:hituzidameiko:20170603053833p:plain

昔、その気もないのにうっかり自殺しかけました。|「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)|汐街コナ|cakes(ケイクス)

 

仕事で追い詰められた時の描写は的確すぎると思う。

 

汐街コナさんは本著の中で、こう述べられています。

道にはいくつもの分かれ道や扉があります

元気なうちはそれがまだ見えます

でも

真面目な人ほどその道や扉を塗りつぶしてしまいます

 

ホント、その通りなんだよね。

 

「いまこの仕事辞めたら後悔するかも」

「これより悪くなったらもう無理だから、いまの仕事を頑張るしかない」

「辞めたら周囲になんて思われるだろう」

「いまやってる仕事は私しか担当者がいなくて引き継げないからやめられない」

 

などなど。

 

上に述べたことなんて、死んでしまうことに比べたらどうでもいいことばかりです。

でも、その考えができるのは健康で正常な時なんです。

 

どんどん自分の中で選択肢を潰して行って、自分が傷ついているのも気づかずに走り続けていってしまいます。

 

具体的な本の内容

トピックとしては、

  • なんで死ぬまでがんばりすぎちゃうの?
  • がんばらない勇気
  • 世界は本当に広いんです

 などがテーマとして書かれています。

 

また「心療内科に行った方がいいかもしれないけどはじめてで不安」という人へ向けて、どんな場所であるか、心療内科に行っていいか分からない人へ向けて指標などを書かれていて良いなと思いました。

 

内容は本当に全部頷きながら読んだんですが、「好きだから」「自分が選んだから」辛いことを我慢するのを当たり前だと思いこんではいけないという話は心に刺さりました。

 

本田圭佑選手のツイートを見て私が思ったこと

f:id:hituzidameiko:20170508233656p:plain

「嫌ならやめればいい」という人の言葉を考えた時、最近目にした本田選手の話題についても触れておきたいと思いました。

 

私はjournalさん(id:nikon_deux)の記事を読んで本田選手のツイートを読んで知りました。

 

進むか退くか悩みを勇気を出して相談した時、特に年上の人に相談した時に、このツイートと似たような言葉が返ってくることあります。

そういう時、逃げ場が無くなった感じがしますよね。

 

本人は全く悪気がなくても、ふと出た言葉が引き金になってしまうとしたら、言葉はとても怖いものだと感じました。

 

hituzidameiko.hatenablog.com

この記事で私の父の何気ない言葉に傷つき「死にたい」と書いています。

 

若くから働いていて自立していたこともあり、甘えを根本的には許していないところがあります。「~ねばならない」という断定的な言い方をしがちです。

 

普段の精神状態なら、父の性格を理解していますし、スルーできることでも、私は病状が悪い時にそれをタイミング悪く聞いてしまいひどく傷つき、「死にたい」とまで思っています。

 

今回の本田選手のツイートで言いたかったことは、たぶん。

「生きて欲しい。死なないで」

自分で命を絶つ選択をして欲しくないから、それを伝えるために、きっと何気なく呟いたんだと思う。

今は気持ちが落ち着いているから冷静にゆっくり考えられたけど、私が仕事でヤバかった時に目にしてたらそのまま傷ついていただろうなぁと。

 

「そんなの分かってるよ、自己責任ですよね。サヨナラ」

って。

 

このツイートに対する反応とかを見た感じだと「成功者だから自殺願望を抱く人の気持ちが分かっていない。視野が狭い」という意見もありますよね。

その可能性ももちろんあります。

 

でも、このツイート別の見方もできるんじゃないのかなってふと思いました。

これ本田選手、自分に言ってるのかもな、って。

 

自分に対して言い聞かせるために、何か書くことで気持ちを消化する時が私にはあります。

 

彼ほどの有名人になったら、誰かに向けて(この場合は自殺してしまう人)言っていると捉えられてしまうのかもしれないけど。

 

私は精神状態によって、鬱ツイートとか自分を鼓舞するためのブログ記事とかを、書いてしまうタイプなので、もしいま本田選手もすごい悩んでて、自分に対して言い聞かせてる何気なく書いてしまったツイートだったらと思うとなんだか、違う意味のツイートに見えませんか。真意は彼にしか分かりませんけど。

 

仮にそうだとしても、そんなの公の場所で書く方が悪いし、配慮が足りない。

と言われたら、それまでなんだけど。

 

有名人でも、人間だから気づけないことや失言することもあるよな、って思う。

でも、これが書けるのも、私の心がいまは割と穏やかだから。

 

最初に言ったとおり、追い詰められて視野が狭まっている人が見てしまったらキツイとも思う。

 

nikon-deux.hatenablog.jp

この記事は心が辛い方にとって寄り添ってくれる優しさに溢れた記事だと思いました。

 

特に「生きていることに感謝しなくていい」と仰っている部分で書かれている言葉には泣きそうになりました。

そしてできれば今日1日、申し訳ないけど我慢して生きてやってください。で、もしできればもう1日。そしてもう1日。我慢させてばかりで申し訳ないですけどね。できるだけ先延ばしで、お願いします。

 すごく暖かくて、好きな言葉です。

 

人の心の痛みは目で見えない。だから私は自分の話をする

f:id:hituzidameiko:20170517230830p:plain

先日、友人が退職しました。

私と同じ適応障害を発症し、休職した後、退職という流れでした。

 

彼女はとても頑張り屋さんで、私と仕事が似ていることもあり熱い仕事の話を何度もしたことがある子です。

 

でも、彼女の職場での労働状態を前々から聞いていて深夜勤務が連続していたり、人間関係が難しいという話を聞いていました。

 

「大丈夫かな」と心配しつつも、彼女が大変ながらも楽しそうだったのでずっとお互い励まし合っていました。

 

私が病気を発症してからは、人と会うことが怖く、周囲と少し距離を置いていたのですが、最近落ち着いてきていたので彼女に連絡をとりました。

 

そして、会った時に「適応障害を発症して心療内科へ通い休職していた」という話をしました。

 

彼女は私の話を静かに聞いてくれて、「自分も仕事が最近少ししんどい」という悩みを打ち明けてくれました。

 

私と会った後、すぐに彼女は休職という選択をして会社を辞めました。

 

私と話したことで、「休職という選択もあると気づけた」と彼女は言ってくれました。

その休職の中で、自分の好きなことを見つめ直せる時間が取れたと。

心療内科に通っているのも自分ひとりじゃないんだと思えたと。

ありがとうと言ってくれました。

私は彼女に自分の休職の話をして良かったと思った。

 

でも、彼女の本当のしんどさに全然気づけなかったなとも思った。

大変そうだけど、明るく笑っていたから、大丈夫だと思っていた。

自分の痛みには敏感なのに、人の痛みはやっぱり見えないものなんだと思った。

私が鈍感なのかもしれない。

 

だから、私はできるだけ自分の話をしようと思う。

とりあえず、だれかが一人じゃないんだって思ってもらえたらいいなと思う。

 

5時から書き始めてもう8時です。

こんなに長い記事を書いたのは、はじめてかもしれません。

 

長い記事にお付き合いありがとうございました。

 

みなさん、よい一日を。