理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

管理人「メイ子」のプロフィール

30秒でわかる「ひつじ田メイ子」

 

f:id:hituzidameiko:20180711182721j:plain





ブログを始めたきっかけ

はじめまして!

「理想の私が死んでいく」へようこそ(*'ω'*)!!

当ブログは、関西在住の20代、元広告ガールが運営しています。

 

 

広告代理店の企画営業として一生懸命働いた結果、休職したタイミングで自分の心を整理するために当ブログ「理想の私が死んでいく」を始めました!

 

▼新卒のお仕事奮闘記はこちら

夢を持った新卒が適応障害になるまで① - 理想の私が死んでいく

 

最初は自分の心を整理するためだけに書いていたブログは、ひたすらに書き続けるうちに「私も同じです」「応援してます」と多くの方に言ってもらえるようになりました。

 

ブログを書き続けていくうちに、

自分の本当にやりたいことやできることは何だろう?

と考えるようになりました。

 

そして、2018年3月に体のことや自分の未来のことを考え、新卒入社した会社を退社しました。

 

療養しつつ、今までずっとやってみたかった「自己表現」にたくさん時間を使いたいと思い試行錯誤しながら活動します。

 

▼ありがたいことに活動を応援してくれるスポンサーもつきました!

#スポンサーおじさんにプレゼンしたら、即スポンサー契約をしてもらえた【継続スポンサー募集】 - 理想の私が死んでいく

 

適応障害や休職の過ごし方についてはたくさん記事を書きましたのでよろしければご覧ください。

 

▼休職や適応障害についてもっと詳しく

適応障害で休職している間、復職に向けて気をつけたこと - 理想の私が死んでいく

夢を持った新卒が適応障害になるまで⑤~その後~ - 理想の私が死んでいく

適応障害で休職中のリアルな生活。おすすめの本3選と過ごし方 - 理想の私が死んでいく

 

いまのところ無職です。

2つも病気持ちで通勤が辛いので、何とかして家からでないでお金を稼げないかなー?とゴロゴロしながら模索中です!

 

フリークリエイターとして、ライターやデザイナーのお仕事を募集しています。

 

文章やデザインだけでなく、GIFや映像編集など、色々な表現ができるところが私の強みだと思います。気になる方は、メイ子のTwitterまでお問い合わせください。

(この記事の最後にもできることをまとめています)

 

 

 

このブログで書く4つのこと 

  1. 休職の経験から考えた仕事観
  2. 病気関連(適応障害潰瘍性大腸炎
  3. デザインのアウトプット
  4. 素敵なもののシェア

他にも書くかと思いますが、この4つを中心に書いていきます!

 

一旦以上です!

もし、お時間ある方は、この記事の下まで読み進めて行ってくださいね(*'ω'*)

 

▼気軽にフォローしてね(/・ω・)/

 

▼良ければ読者登録もお願いします(´っ・ω・)っ

 

  • 30秒でわかる「ひつじ田メイ子」
    • ブログを始めたきっかけ
    • このブログで書く4つのこと 
  •  私の好きなものを紹介します
    • たのしい朝と美味しいごはん
    • パンダが癒しです
    • デザインの勉強
    • クリエイティブなこと全般
    • 本とコーヒー
    • 自分に合うコスメやファッションを探すこと
  • SNSでお話しましょう!
  •  多表現クリエイターとしてお仕事募集中
    • メイ子が得意なこと
    • メイ子が苦手なこと
  •  メイ子の欲しいものを最後にコッソリ
  • 何かあればこちらから
  • 当サイトに掲載されている広告について
  • 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
  • 著作権について
続きを読む

誰かのためにブログやってるわけじゃない

ブログ書けないなーってウダウダ思っていた。

 

なんかどうせ書くならちゃんとしなきゃとか思ってて。

 

有益な情報を提供したり、まとめたりするのが「ブロガー」として必要なんかなとか思うせいかなんにも書けなくなった。

 

そして心や体の体調が悪い時、特に発信ができなくなり、落ち込んで行った。

 

私は頭でぐるぐる考える性格だ。

自分の思考で考え酔いする。

 

そういう自分の中の毒を吐き出すためにブログを始めたのに、カッコよく見られたいとかすごいと思われたいとか、そういうことで何も言えなくなった。

 

もういいか、と思った。

 

毎日更新もしてない。

超不真面目なブロガーだし。

 

お洒落なことや面白いことも言えないけど、そのままでいいやと思うのです。

 

発信してないからといって頑張ってないわけでもなく。

毎日なんやかんやして生きてます。

 

見えない人を気にして何もできなくなるのは馬鹿馬鹿しいなぁと思う。

 

書きたい時は書こうかなと思う。

自分の固定観念に殺される

「しなければならない」ということにわたしは捕らわれている。

 

お皿を洗い残してはいけない。

洗濯物は溜まる前に洗わなければいけない。

洗濯物は乾いたらすぐ畳まなければいけない。

仕事は全力を尽くさなければいけない。

雑事は忘れることなく効率的にこなさなければいけない。

 

別に誰に責められるわけでもないけれど、「しなければならない」と思ったことが上手く運ばないと憂鬱になりパニックになる。

 

別に上にあげたどれも、多少サボったからといってものすごくやばいことが直ちに起きるとわけではない。

 

本来は自分のできるペースで処理すればいいだけだ。

 

最低限でやればいいのに、常に自分のできる範囲の平均以上クオリティを求めるところが精神的に自分を追い詰める原因だ。

 

なんでこんなに固定観念が強いんだろう、と考えたときに家族のあり方が思い浮かぶ。

 

私は成人するまで家の空気を伺って生きてきた。

父の機嫌を損ねないようにそれなりに学業や家の手伝いをし真面目に生き、父の仕事に尊敬の念を表した。

一方、母と父がぶつからないように、時に緩衝材になりつつ、母の愚痴も聞き、母の手伝いを自分からした。

完璧な子供だったとは言えないが、自分を無意識に抑えていたのかほとんど感情を爆発させたり、反抗したことはほとんどない。

 

いまは結婚し、穏やかな夫と生きている。

夫は私を理不尽に責めたりコントロールしようとしない。

私が何もできないからと言って怒ったり決してしない。

 

にもかかわらず、今も自分が少しでも怠けようとすると私は私を許さない。

 

長年の癖が染み付いてしまっているのだ。

 

洗濯物を仕舞わないと突然キレられるかもしれないという父への恐怖。

 

仕事帰り家族の食事を作った後、疲れた様子で食器を1人洗う母の背中。

 

そういう言葉ではない家の重い空気を読み、出来るだけ家庭内が円滑に回るように努力し続けてきた。

 

その経験が脳裏をかすめるのか、サボるのが苦手で、怖い。

 

早くやらなければ、とドキドキする。

 

リラックスできるようになりたい。

 

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); */}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>');