理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

管理人「メイ子」のプロフィール

30秒でわかる「ひつじ田メイ子」

 

f:id:hituzidameiko:20180711182721j:plain





ブログを始めたきっかけ

はじめまして!

「理想の私が死んでいく」へようこそ(*'ω'*)!!

当ブログは、関西在住の20代、元広告ガールが運営しています。

 

 

広告代理店の企画営業として一生懸命働いた結果、休職したタイミングで自分の心を整理するために当ブログ「理想の私が死んでいく」を始めました!

 

▼新卒のお仕事奮闘記はこちら

夢を持った新卒が適応障害になるまで① - 理想の私が死んでいく

 

最初は自分の心を整理するためだけに書いていたブログは、ひたすらに書き続けるうちに「私も同じです」「応援してます」と多くの方に言ってもらえるようになりました。

 

ブログを書き続けていくうちに、

自分の本当にやりたいことやできることは何だろう?

と考えるようになりました。

 

そして、2018年3月に体のことや自分の未来のことを考え、新卒入社した会社を退社しました。

 

療養しつつ、今までずっとやってみたかった「自己表現」にたくさん時間を使いたいと思い試行錯誤しながら活動します。

 

▼ありがたいことに活動を応援してくれるスポンサーもつきました!

#スポンサーおじさんにプレゼンしたら、即スポンサー契約をしてもらえた【継続スポンサー募集】 - 理想の私が死んでいく

 

適応障害や休職の過ごし方についてはたくさん記事を書きましたのでよろしければご覧ください。

 

▼休職や適応障害についてもっと詳しく

適応障害で休職している間、復職に向けて気をつけたこと - 理想の私が死んでいく

夢を持った新卒が適応障害になるまで⑤~その後~ - 理想の私が死んでいく

適応障害で休職中のリアルな生活。おすすめの本3選と過ごし方 - 理想の私が死んでいく

 

いまのところ無職です。

2つも病気持ちで通勤が辛いので、何とかして家からでないでお金を稼げないかなー?とゴロゴロしながら模索中です!

 

フリークリエイターとして、ライターやデザイナーのお仕事を募集しています。

 

文章やデザインだけでなく、GIFや映像編集など、色々な表現ができるところが私の強みだと思います。気になる方は、メイ子のTwitterまでお問い合わせください。

(この記事の最後にもできることをまとめています)

 

 

 

このブログで書く4つのこと 

  1. 休職の経験から考えた仕事観
  2. 病気関連(適応障害潰瘍性大腸炎
  3. デザインのアウトプット
  4. 素敵なもののシェア

他にも書くかと思いますが、この4つを中心に書いていきます!

 

一旦以上です!

もし、お時間ある方は、この記事の下まで読み進めて行ってくださいね(*'ω'*)

 

▼気軽にフォローしてね(/・ω・)/

 

▼良ければ読者登録もお願いします(´っ・ω・)っ

 

  • 30秒でわかる「ひつじ田メイ子」
    • ブログを始めたきっかけ
    • このブログで書く4つのこと 
  •  私の好きなものを紹介します
    • たのしい朝と美味しいごはん
    • パンダが癒しです
    • デザインの勉強
    • クリエイティブなこと全般
    • 本とコーヒー
    • 自分に合うコスメやファッションを探すこと
  • SNSでお話しましょう!
  •  多表現クリエイターとしてお仕事募集中
    • メイ子が得意なこと
    • メイ子が苦手なこと
  •  メイ子の欲しいものを最後にコッソリ
  • 何かあればこちらから
  • 当サイトに掲載されている広告について
  • 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
  • 著作権について
続きを読む

刺されたから、痛かったんじゃない。

f:id:hituzidameiko:20190724191049j:plain

 

1.
失敗は誰にでもある。
でも、その後どうするかで人間の本質が出るのではないだろうか。

なぜそんなことを言うのかと言うと、私のかかりつけにしている病院に対して不信感を抱く出来事が重なっているからだ。

先週、潰瘍性大腸炎の受給者証の更新のため大腸の内視鏡検査を受けた日の話だ。

大腸の内視鏡の検査というのは、前日から消化の良い物だけ食べる食事制限をして、当日1.8Lの下剤を飲むといった手順を踏む。
非常に面白くない日だ。

下剤はポカリスエットをまずくしたような味であり、量が多すぎて吐き気を催してくる。

下剤を飲み終わった段階で、なかなか最低な気分だった。

問題が起きたのは、内視鏡検査前の点滴の時だった。

続きを読む

夕飯作ってる妻の頭の中

f:id:hituzidameiko:20190708215412j:plain

 

最近そこそこ自炊が続けられるようになった。

 

一時期は夕飯は週1作るか作らないかみたいな所があったが、最近は週3回くらいはできているような気がする(休日などは旦那さんに作ってもらうこともある)

 

自炊を毎日しているわけでは無いけれど、冷蔵庫の中身をパズルのように組み合わせて、料理を作っていくのはなかなか面白い。

 

我が家ではコストコでまとめ買いした鶏肉が常に冷凍庫にあるので、困った時は鶏料理が食卓に並ぶことになる。

 

旦那さんは私に気を遣って「既出のレシピで良いよ」と言ってくれるが、レシピ検索をして美味しそうなものを試すのが好きなので違うものを並べることが多いかもしれない。

 

自炊をし始めるまではめちゃくちゃ面倒くさい。

「どうしようかなぁ…」

レトルトカレーにしちゃおうかなぁ…」

「納豆ご飯で良いかなぁ…」

と頭の中でぐるぐる。

 

往生際が悪い。

 

旦那さんが帰って来る1時間半前になって、重い腰を上げる。

 

夕飯は炊き立てごはんを毎日食べたいという欲求からごはんを焚くことから夕飯づくりをスタートさせる。

 

 

私は炊き立ての白米が大好きだ。

大好きというよりも、炊き立てしかほぼ食べれないと言っても過言ではない。

2日目はギリギリ食べられるけれど、2日半経ってしまうともうかなりキツイ。

冷凍ごはんは炊き立てのものを保存していたら、ギリそのままで食べれるけれど、2日半以降はお茶漬けやチャーハンにしないとムリだ。

 

贅沢者かもしれないが仕方ないのだ。

 

炊飯器のスイッチをいれると、自分のスイッチも入る。

 

冷蔵庫を開けて、だいたい肉か魚をレンジで解凍する。

余裕がある時は流水でやるとドリップが出なくて良いですよね。

 

その隙に野菜室を覗いて、痛みそうな野菜から使えるようにメニューを組み立てる。

 

よく雑誌の特集などで「キャベツ丸ごと使い切りレシピ!」や「毎日楽チン!つくりおきおかず」などの特集が組まれているのを目にして、「自分もやってみよう」と多めに野菜を買ったこともある。

 

しかし、使い切れず何度か痛ませてしまって泣く泣く処分した。(食材を捨てるのは本当に悲しくなるのでなるべくしたくない)

 

野菜の冷凍保存も試してみたけど、やはり生は美味しいし柔軟に調理できる。

二人暮らしなので、少量パックの野菜を数種買って使い切るのが性に合っているようだ。

 

…。

 

野菜のところまでしか今日はかけなさそうだ。

また、気が向いたら書いてみる。