理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

だから、今日も会社に行く。

体調が戻らない。

 

人と会っている間はスイッチが入っているのか、ハキハキしゃべれる。

 f:id:hituzidameiko:20171114091833j:image

仕事もある程度こなせている。

 

ちゃんとしているように見せれていると思う。

 

でも、日に日に体が重くなってくる。

 

 

朝起きられない、夜眠れない。

ごはんがおいしくない、食べられない。

 

私は怒りを感じることが苦手で、少し理不尽なことを言われても自分に原因を求める。

 

無理なお願いをされても、相手が困っていると自分を削ってでも助けてしまう。

 

全部が全部そうではないけど、そういう節がある。

 

倒れる直前のあの感じと似た症状が出てるのは気づいている。

 

勝手に涙が出てきたり。

歩くだけで疲れてしまったり。

世界が暗く暗く見えてしまう。

 

何も悪いことは無いのに、そう見えてしまう。

 

体が「休みたい」「休むべき」とSOSを出しているのは気づいている。

 

でも、休むことができない。

 

私の代わりはいくらでもいるとわかっているし、休んだところで会社は潰れないと知っている。

 

いろんなことを知っている。

 

でも、「休みます」という連絡をしてしまうと、次に会社へ行く勇気が出なくなってしまうのも、私は知っている。

 

休むのはその場しのぎで、休むほど職場で居心地が悪くなりさらに苦しくなると分かるから、体を引きずって会社に行っている。

 

何が正解かよく分からなくなってくる。

 

大事な人に心配をかけたくない。

迷惑もかけたくない。

 

いざとなれば、やめればいいとも思う。

 

でも、休職歴有りのうつ病ぽくて、さらに難病持ちの人間が就活がきっとハードモードであることはなんとなく想像はつく。

 

起きてないことを、あれこれ想像して可能性を潰すのは悪い癖だけど、そう思う。

 

だから、今日も会社に行く。

それだけ。

広告を非表示にする