理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

M-1グランプリで敗れたけどスーパーマラドーナの田中さんが気になる!

さっきまでM-1グランプリを観てました。

 

最終に残った、銀シャリ、和牛、スーパーマラドーナは、3組それぞれとっても面白かったです!

 

優勝は銀シャリでしたが、個人的にはスーパーマラドーナのネタが1番面白かったです。

 

f:id:hituzidameiko:20161204220027p:plain

http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=387

 

 

左の眼鏡の方が田中一彦さん、右が武智さん。

結成年月日は2003年。

 

M-1の番組中で司会の今田さんは、今の心境などのコメントをネタ前やネタ後の芸人さんに聞いていました。

 

芸人さんはネタ中はもちろん笑いを取りに行くのですが、やはりM-1という大舞台なので、ネタ前やネタ後は緊張からかあまりボケていなかったのですが、田中さんはスベろうがウケようが最後の最後までボケ倒していたところが凄いな!と思いました。

 

最初のエレベーターのネタも、チンピラのネタも面白かったです!!

 今までの受賞歴

スーパーマラドーナ - Wikipedia

 

戦歴としては、昨年はM-1で5位だったんですね。

銀シャリもようやくM-1優勝ということだったので、来年またスーパーマラドーナが決勝で観れたらいいなぁ。

 

検索してたら本当かは分かりませんがこんなエピソードが。

ボケで“ひ弱”な田中とツッコミで“強暴”な武智のキャラのギャップが癖になるコンビ。私と同期で、もともとマラドーナというコンビだったんですが、2007年12月に解散して、2008年4月に再結成した苦労人。

現在は、スーパーマラドーナというコンビ名に変わって、M‐1でも準決勝に進んで実力は実証済み。

コンビを再結成した理由は、もともとのコンビ・マラドーナを解散した後、武智は違うコンビを結成して舞台に出ていましたが、色々あって解散することに。

そして、ある日突然田中の携帯に電話をかける武智。「もう1回コンビ組まへんか?」田中は「ちょっと1ヶ月ぐらい考えさせてもらえませんか?(なぜか武智に対しては敬語を使う田中)」と言ったところ、「どんだけ考えんねん!もうえええから今すぐ組めや!しばくゾ!」と言われたので、おもわず「はい・・・」と返事をしてしまいました。

一度解散されていたんですね。もし本当だとしたら。すごく、ドラマチック。

そんなスーパーマラドーナですが、2人ともそれぞれ特技があります。田中の特技は、存在を消す事。楽屋で田中が話し出した途端、周りの芸人から「ビ、ビックリした!おったんかい!」とツッコまれる事がよくあります。武智の特技は、暴力による存在感。武智軍団といって元暴走族芸人を集めた軍団のリーダーを務めるほどです。そんな2人の力が合わさった時にできる技がこれ。普段、漫才で武智にドツかれまくっている田中。ドツかれすぎて、今ではなんと目隠しをした状態で何人かに頭をドツかれても、叩かれ方で相方の武智を当てる事ができるというのです。

http://www.kobelcosteelers.com/mobile/a/002007.html

 

気弱そうな田中さんと、強そうな武智さん。

この真逆な感じが、観ているとクスッと笑えてきて、シュールで好きだなって思いました。

 

あさのあつこさんの『The MANZAI』という小説は、サッカー部の明るい秋本が転校生で大人しい瀬田に無理やり漫才コンビを申し込むことで、お話が始まるのですが、その関係と似ているなと思ってしまいました。

 

今日は、M-1でいっぱい笑えて、すっきりしました。

M-1の2015年のDVDも見直してみたいな~!!