読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

最近ドラマが始まったタラレバ娘の感想と似た感じの漫画のお話。

最近は商品紹介みたいな記事ばっかりになってるので、パーソナルなお話もしたいのですが、

朝起きる→ご飯→仕事→ご飯→(病院)→帰宅

のループなので、なかなか面白い出来事も起こらず。とりあえずめっちゃ規則正しい生活を送っています。日常にネタがないので、今日は漫画のお話。

東京タラレバ娘』の1巻を読んだよ。

最近は漫画を読む時間が減っていたのですが、『東京タラレバ娘』のドラマが始まったらしく、広告やブログなどを目にする機会が多かったので、1巻を読んでみました。

あらすじは、こんな感じ。

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」
脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。
「キレイになったらもっといい男が現れる!」
「好きになれればケッコンできる!」
そんな話しばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい…。

『東京タラレバ娘』東村アキコ | Kiss|Kiss | 講談社|講談社コミックプラス

これ出版社の公式のあらすじなんですが、初見の人は良く分からないような…。

ちょっと、未婚のアラサーの女性3人が女子会を日夜繰り返して愚痴っていたら、イケメンから「こうだったら、ああすればって妄想ばかり言うやつらは終わってる」みたいな暴言を吐かれることから、物語が進んでいく…みたいな話です。どうにもならないことばっかり言う女という意味で「タラレバ娘」なのです。

 

漫画まだ1巻しか見ていないんですが、この「イケメンから暴言を吐かれる」っていうのは少女漫画の王道パターンだよな…と思いました。

花より男子」とか「ガラスの仮面」とか「こどものおもちゃ」でも、最初主人公に突っかかってくるイケメンが現れて、主人公はイケメンが大嫌いだけど、ふとしたタイミング(だいたいイケメンのトラウマをヒロインが癒すイベント)等で、イケメンがベタぼれになるという展開が多いような気がする。というか、70%くらいの恋愛をメインにした少女漫画ってこの法則当てはまるのでは。

恋愛の漫画として見るよりも、仕事観とか人生観的な見方をすると面白いな~と思います。

タラレバ娘に出てくる主人公3人は、仕事は一生懸命頑張っているけど、恋愛では社会的には良しとされていない行動を取ってしまうのですが、女子会開いてるとまあ良く聞く話でリアルだな…と思いました。

東京オリンピックが開催される2020年には自分はどうなっているのだろうか」という主人公の言いようの無い不安には共感できます。

イケメンと主人公が結ばれないエンドで終わると面白いけど、結ばれちゃうのかな?どうなるんでしょうね~。

タラレバ娘と似た感じの漫画

ひとことで言うと、

「仕事は好きで頑張ってるけど、恋愛が上手くいかない」系漫画

をちょっとだけ紹介。私は仕事がしんどい時、思考停止しかけている時はこういう漫画を読んで、テンションやモチベーションを保っていました。

働きマン/安野モヨコ

 週刊『JIDAI』編集部の女性編集者・松方弘子28歳独身。 弘子は編集長や上司や同僚たちと一緒に右往左往しながらもいい雑誌を作る為に日夜奮闘する。寝食を忘れ、恋人との逢瀬もままならず、ジレンマに悩み、誰かとぶつかり……。それでも弘子はいざ仕事モードとなると”男スイッチ”が入り『働きマン』となり、「30歳までに編集長になる」夢を叶える為、日夜働き続けるのだ!! 「あたしは仕事したなーって思って、死にたい」

働きマン(1)

これはもう何回も読み返しました。残業した終電間際の帰り道で何度読んだことか。

私は好きです。主人公の弘子みたいに、好きなことにこだわりを持って進んでいける人ってやっぱりカッコイイなって思ってしまうんですよね。

だからと言って、この弘子みたいな働き方は長い人生で見た時に辛くならないかな、と今読み返すと思いますが。

自分の中で私は「30歳までに何者かになりたい」という漠然とした思いがあります。思いというより不安なのかも。自分の足で立てるようになりたいのに、なかなかうまくいかなくてもがいちゃってますね。何者っていうのは、言い換えたら、「社会的に認められたい」という承認欲求かも。

外に評価を求めると、良いことないって分かっているんですが。深層心理的には、周囲に認められたいんですよね~。

弘子みたいに身を削る働き方は、私はもうできないけど、好きなものに対する誠実さとか熱量は失わないように生きたいなとは思います。

 

サプリ/おかざき真理

 広告代理店で働く藤井ミナミは、27歳にして7年間つき合っていた彼氏と別れてしまった。もともと、徹夜や休日出勤が当たり前の激務に追われ、友達も少ない。どうしよう、私、仕事しかする事がない…!? 仕事と恋に心が揺れる、働くオンナのリアルストーリー!

 これも自分と被るという意味で、よく読んでいました。コンペの描写とか、上手くいかない感じとか、「あああ、わかる。わかるよ」とずっと首を縦に振りっぱなしでした。

まあ、都合よく主人公の周りにイケメンがいっぱい出てくるのは、少女漫画なので…(笑)

恋がうまくいかないと仕事がうまくいかなくなる感じとか、本当は社会人としてやっちゃダメなんだけど分かる。

 深夜のダメ恋図鑑/尾崎 衣良

 これは絵は可愛いけどかなり内容がドキツイし、あまり男性には見られたくない漫画。

「女性はすぐ泣くからダメだ」みたいな意見は叩かれるのに、「男性はこういうところがマジあり得ない」みたいな論調はOKとされている感は否めない漫画ではある。女性蔑視じゃなくて、男性蔑視…?でも、「あるあるだな」というネタも入っているのも事実。

男性のみなさん、コレを万が一読んでも怒らないでね。

多分ね、嫌な気持ちになるよ。先謝っとくね、ごめんね。

 

男性からみた恋の漫画

 男性から見た恋の漫画ってなんかあるんですかね。

髪がピンク色で巨乳の美少女が出てきてやたらトラブルが起こる漫画とか、普通の人間には興味が無くて、宇宙人、超能力者、未来人を募集するおてんば少女が出てくる漫画とかじゃなくて。

こう「俺のこと好きなの?どうなの?仕事は好きだけど、恋愛がうまくいかない。どうしよう」みたいなモダモダしてる漫画ってあるのかな?

あと『深夜のダメ恋図鑑』みたいに「女のこういうところはダメだ」みたいなのを書いた漫画ってあんまりなさそうだなぁ。知らないだけなのかな。

そもそも男性は、恋に対してそんなに夢見がちじゃないのか?恋愛をストーリー的に仕立て上げるのは女性寄りの思考なのかな。うーん。気になる。 

 

あ、今見たら、Kindleストアでは『東京タラレバ娘』の一巻無料みたいですね。

東京タラレバ娘』も他の私が紹介した漫画も、気になる人は読んでみてね。

 

ではではー!