読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

オードリーの「ティファニーで朝食を」の映画を観ながら、ゆっくり朝食を食べてみたら幸せだった

どうも、ひつじ田メイ子です。

突然ですが、オードリー・ヘップバーンが好きです。

 f:id:hituzidameiko:20170403200649p:plain

大きい瞳に、高い鼻。

それなのに、チャーミングで私の永遠の憧れです。

 

好きといっても、見た目やライフスタイル、人生観が好きでした。

 

今までオードリーが出演している作品を観たことがなかったので、初めてゆっくりと「ティファニーで朝食を」という有名な映画を鑑賞してみました。

 

ティファニーで朝食を」とは

 朝の宝石店ティファニーの前でデニッシュを食べる娼婦のホリーは、引っ越してきたばかりの駆け出し作家ポールと出会う。

酔っぱらいから逃げて部屋へ来て、眠り込んでしまった彼女にポールは興味を抱く。ホリーの夫ドクが彼女を連れ戻そうとするが、彼女は断ってしまう。ホリーがブラジルの外交官と結婚するのを知って傷ついたポールは、小説を売って得たお金をつきつけるが…。く宝石のようなオードリーの魅力をちりばめた、素敵でおしゃれなラブ・ストーリー

Amazonビデオより)

 

オードリー・ヘップバーン演じる主人公、高級コールガールのホリーが若手小説家のポールと出会い恋をするお話です。

 

普段はラブロマンスをあまり見ないので、「最後まで観れるかな・・・?」と思いつつ再生。

 

せっかくなので、朝食を食べながら鑑賞してみた

目玉焼きとパンという定番メニューですが、いつもより丁寧に作りました。

 f:id:hituzidameiko:20170403200417p:plain

 

朝食を用意するの大好きです。

いつもはベーコンエッグはお箸で食べるのですが、ナイフとフォークにしました。

トロトロな黄身をパンに付けていただきました。

うまー(*'▽')

 f:id:hituzidameiko:20170403200510p:plain

パンプキンスープは、陶器屋で買い物をしたら店員の小母様が「おまけね」と言って頂いたものです。

 

カロンみたいなのにお湯を注ぐと、

 f:id:hituzidameiko:20170403200342p:plain

スープになります。面白い!

f:id:hituzidameiko:20170403200602p:plain

 

美味しいご飯をもぐもぐしながら、映画を鑑賞するのは至福のひと時でした。

肝心の映画の感想 

古い映画ですが、素敵な映画!

 

全体的な雰囲気がレトロなせいか、ロマンチックという言葉がぴったりだと思いました。

 

トーリー展開を楽しむというより、時代背景や小物に目がすごく行きました。

全てがカッコ良い ・・・

 

自分は「ロマンチックなラブストーリーは苦手だ」と思い込んでいたけど、視点を変えるとすごく楽しく観れました(*'ω'*)

 

私はお笑いの範疇で見ることができましたが、登場する日本人の描かれ方が若干差別的といえば差別的かな?

 

色んな意味で時代を感じる作品ですね。

 

個人的に素敵だと思ったポイント

f:id:hituzidameiko:20170403200732p:plain

ドレスアップしたオードリーが、ティファニーの前でパンをかじっているシーンから映画が始まります。

上品で気品溢れる格好をしているのに、紙袋を抱えて朝食を立ち食いしてるところがアンバランスで、とっても素敵なオープニング。

 

とにかくファッションや小物、画面に映る全てのものがレトロで、いちいち溜息が出そうになるくらい好き。

 

古い映画だからレトロなのは当たり前なんだけどね。

 

オードリーが演じる、主人公のホリーが眠る時に付けていた、アイマスクと耳栓が可愛すぎていいなと思いました。

 

調べてみたら、Amazonで売ってました。

Amazonすごい。

お値段は約7000円。高っ!

 

アイマスクは可愛いの売っているのみたことあるけど、可愛い耳栓はなかなか売って無い気がする。

 

あとはホリーが、カクテルグラスでミルクを飲むシーンも好き。

 

ミルクって何となく、マグカップやガラスのコップで飲むイメージだったんですが、グラスで飲むだけで、美しい飲み物に見えることに驚きました。

 

まとめ

f:id:hituzidameiko:20170403204304p:plain

オードリーみたいな女性になりたいけど、まだまだ遠いな・・・と改めて認識しました。気品ってどうやったら出るのだろうか。

 

お休みの日はゆっくりと自分のために朝ごはんを作ると、荒んだ心がリセットできる気がします。

 

朝に幸せな映画を見ると、その日一日がなんとなく気分よく過ごせたので良かったなーと思いました(*'ω'*)

 

心の栄養のチャージは大事!!

 

ではでは、またね!

 


オードリー・ヘップバーンの言葉 ~なぜ彼女には気品があるのか (だいわ文庫 D 327-1)