理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

心療内科は心理的ハードル高いけど行った方がいいよ。

こんばんは!

もう年末ですね(*'ω'*)

 

最近は、ネタ記事というか読まれるのをちょっと意識して書いていたので、今日は休憩というかゆるっと近況でも書きます。

 

今日は通院日で、心療内科の方に行ってきました。

f:id:hituzidameiko:20161203002819p:plain

 

一応順調に進んでいるということで、経過観察を続けましょうとのことです。

 

復帰かぁ…。

このだらけ切った生活から復帰できるか心配ですね。

 

半年前を思い返すと、こんなことになっているとは想像もしていなかったなぁ。

 

半年前は会社に認められたいのに認められなくて、超絶忙しくて、何かを変えたいと思って必死だったよなーと思います。

 

私は倒れてから心療内科にかかりましたが、内科や外科で異常が無いのに「何かもやもやする…」と思ったら早めに行った方が良いと思います。

 

自分にとって心療内科ってかかるまでは、すごくハードルが高い場所でした。

 

なんとなく暗いイメージというか、自分が「精神的な病気」と認定されることで周囲からどう思われるんだろうとか。

あと、お金を異常に請求されそうとか。

 

多分入社半年ぐらいでも、内科や外科的には悪くないのに、吐いたり、朝起きると体が重かったり、笑うのがしんどかったりしました。

 

この段階で「自分は精神的に相当キてるのではないか」とうすうす勘づいてはいました。

 

ネットの新型うつ病の特徴とかを見て「自分と似てるなあ」と思ってはいたのですが、怖いのと忙しいので結局行かずじまいでした。

 

その後、色々無理が祟って、オーバーヒートしてしまう結果となりました。

 

早めに行っておけば、病気の前段階で、思考の向け方とか行動のセーブとかで、病気にならずに済んだのかなとも思いました。

 

心療内科に行く方はしんどいかと思いますが、口コミなども読んで行った方が無難かと思います。

 

私は今まで2回、心療内科を変えています。

 

最初の病院は単純に距離的な問題から変更しました。

 

次にかかった家の近所病院が、私と全く合わずメンタルをゴリゴリ削ってくるタイプの先生でした。

 

診察室に入った私の顔も見ずに、「で?どうしたんですか」といきなり聞いてきて萎縮してしまいました。

 

質問も「周りに最近自殺した人いますか?」とか「自分ばっかり損してると思ってませんか?」とか、内容的にも聞き方的にも、私の心をグサグサ刺す人だったので、変更しました。

 

何も考えずに病院を選択して失敗したので、口コミなどを見て少し遠くの心療内科にかかることにしました。

3つ目のいまの病院でようやく自分と合う先生に出会えてようやく治療に専念できるようになりました。

 

私の適応障害の場合、お金の件も、診断書は保険外で1通3000円かかること以外は、だいたい1回の診察で薬を含めて2000円以下といった感じです。

 

まあ平行して別の病気もあるので、治療費はそれなりにかかるのですが。

 

周囲の目は、やっぱり診断された最初はあんまり理解されません。

「何ソレ?」っていう反応です。

「甘えじゃないの?」って直接言ってくる人は、私の場合は幸いなことにいませんでした。

でも、心が病気で体が動かないことの意味を周囲に分かってもらうには、相応の時間が必要だったなと思います。

 

いま2016年12月26日現在が体力も回復してきて、かなり幸せでしばらくこのままの状態で居れたらのにな~と思ってます。

 

会社は、休職のことを最大限理解してもらえて。

家族も、心配しながらゆっくり見守ってくれて。

ここの人含め、周囲の人も優しくて。

 

ずーっとここに居れたらいいのにな、なんて思うのですが。

 

多分復帰したら、毎日のブログ更新とかも厳しいでしょうし、あんまり器用な人間でもないのでひょっとしたらまた自分の好きなものを忘れる生活を始めてしまうのかなー、なんてぼんやり思っています。

 

トゲトゲする人間にはなりたくないのになぁ。

 

ふわふわと柳のようにしなやかに生きて行けたらと思います。

 

特に中身のない記事ですが、このへんで。

また。