理想の私が死んでいく

適応障害で休職→復帰しました。悩みつつ楽しく生きる雑記ブログ。

After the Rainのまふまふさんとそらるさんの音楽が好きなのでおすすめ曲を紹介します。

どうも、ひつじ田メイ子です。

今日、After the Rainの話をします。

 

After the Rain とは?

ニコニコ動画出身のアーティストです。

そらるさんとまふまふさん2名で活動をされています。

作曲・作詞を始め、マスタリングなど曲作りは全てお二人で行っています。

1stアルバムの『クロクレストストーリー』はオリコン2位に入りました。

2017年3月には、アニメ2本のOP曲とED曲を担当することが決定していて、個人的には超注目しています。

f:id:hituzidameiko:20161126133334p:plain

After the Rain - WINTER TOUR 2015 -

魅力的なところ

君の名は。前前前世/cover そらる×まふまふ

www.youtube.com

 

投稿動画は、ニコニコ出身なのでボカロの曲も多いですが、最近はRADWIMPSの『前前前世』のカバーなども投稿されています。

 

歌い手のメインターゲットは小学生から高校生くらいかと思うので、馴染みがない方も多いかと思います。

 

私自身は社会人になってから、ハマりました。

 

いまテレビで取り上げられるようになった米津玄師さんも、もともとはニコニコ動画でハチとして活動されていましたね。

 

ライブは年下の子ばかりでちょっと恥ずかしいですが、年甲斐もなくはしゃぎます。

ペンライトめっちゃ振ります。

 

After the Rainは、まふまふさんが基本は作詞作曲を担当して、そらるさんがMixとマスタリングまでするという、音楽に関わることは全て本人達でやっているというところもすごいなーと思います。

 

もちろん役割が逆転する時もありますが、基本は本人達の手の届く範囲の中で音楽を作り、自分たちが納得したものだけを聞いてくれる人に届けようとしているところが、私はとても好きです。

 

まふまふさんとそらるさんの好きなところは、聴いている人とコミュニケーションをなるべく取りながら、楽しく音楽作りをしているところが好きです。

 

事務所に所属せず、フリーで音楽を作り発信し続けるというのは、ものすごく大変だろうなと想像して、私はAfter the Rainを応援したくなります。

 

歌声としては、まふまふさんは高音域に強く、そらるさんは甘めに響く中音~低音域が魅力的です。

 

 おすすめの曲

まふまふさんは個人でもたくさん曲を作られています。

特に、下記の『ベルセルク』は人生を苦しむ人に寄り添ってくれる曲だと思います。

苦しいものは苦しいって言っていいんだと。

 

www.youtube.com

 

つじつま合わせにボクは

呼吸を止めた

人生というこの監獄が

捻じ曲がったボクを作っていく

「人」という文字が互いを

支え合うのなら

自分も信じられない僕は

何に縋りゃいいんだよ

ベルセルク/まふまふ】

 

まふまふさん個人で作られる音楽は意味深で少し暗い曲が多いです。

だからこそ、ちょっと元気な曲を聴くのがしんどい時は、水のように心に染み渡り少し元気にしてくれます。

もう少し、このまま暗くいてもいいかなと。

もう少し、元気になるまでは、ゆっくりしようかな、と思えます。

 

 

 

After the Rainでは、この歌が一番好きです。

時期外れですが、桜の木や春の香りが漂ってくるような、情景が浮かんでくる歌です。

どうしたってさ人目を惹く 黒い髪と華奢な肩は

指の間をするりと抜ける

どうやら見えないらしい

【桜花二月夜ト袖シグレ/After the Rain

www.youtube.com

 

この歌は相当苦労して、お二人は作られたそうで、ファンの中でも大事な曲です。

両国国技館でのライブの時は、この歌のタイミングでファンのペンライトが誰が言うともなくピンク色に切り替わり、桜の花びらのようでとっても美しいライブでした。

 

いまもライブのチケットが入手困難になるほど人気なので、これ以上人気になるとライブに行きにくくなるのでちょっと困るのですが、これからも応援していきたいです。

 

またライブがあるので、今度はどんなライブになるのか今からとても楽しみです。